在校生へのお知らせ


いじめの防止等のための学校基本方針


台風等による注意報・警報発令時の対応

注意報・警報は、学校所在地(長泉町)又は生徒の居住地に発表されている場合。
情報は、テレビ、ラジオ、電話、インターネット等の天気予報による。
時  間 情  報 対  処 備  考
6:30
(6:30以前に家を
出る者はその時間)
注意報
(強風・大雨・洪水)
登校 安全に登下校できることを確認した上で登校し、 指示があるまで教室で待機する。
警報(大雨・洪水)
警報(暴風) 自宅待機
 6:30 ~9:00 警報(暴風)が
解除された場合
登校 安全に登下校できることを確認の上、登校する。
3時限から授業開始。
 9:00 ~11:00 警報(暴風)が
解除された場合
登校 安全に登下校できることを確認の上、登校する。
5時限から授業開始。
11:00 注意報
(強風・大雨・洪水)
登校 安全に登下校できることを確認した上で登校する。
警報(大雨・洪水)
警報(暴風) 休校 学校所在地において解除されていない場合は休校、 生徒の居住地において解除されていない場合は 該当生徒は公欠とする。

気象情報や地域の実情から、安全に登下校することが困難な場合は、学校に連絡し、
 自宅で待機するか状況を見て登校する。
登校後に警報(暴風)が発表された場合は、教員の指示に従い、安全を確認した上で下校します。
その他 警報発表時は、購買での昼食販売はありません。各自用意してください。

地震による注意報・警報発令時の対応

突然地震が発生した場合。
時  間 対  処
在宅時 自分と家族の身の安全を確保する。
揺れが収まり、安全が確認されたあと学校に連絡する。
通学時 自分の身の安全を確保する。
自宅に近ければ、障害物等に注意し帰宅する。
学校付近まで登校してきた場合は、障害物等に注意し学校に避難する。
学校にいる者は、学校の指示に従いグラウンド等に避難する。
在校時 自分の身の安全を確保する。
学校の指示に従いグランド等に避難する。

「東海地震に関する情報」が発表された場合。
調査情報 注意情報 予知情報「警報宣言」
情報 東海地震に関連する現象について調査が行われた場合に発表される。 東海地震の前兆現象である可能性が高まった場合に発表される。 東海地震が発生するおそれがあると認められ、「警報宣言」が発せられた場合に発表される。
在宅時 学校からの指示がなければ平常授業となる。 自宅待機。
その後に「安全宣言が」発表された場合は、学校からの指示がなければ登校する。
自宅待機。
十分に警戒して「警戒宣言」および自治体等の防災計画に従って行動する。
通学時 注意情報を知りえた時点でただちに帰宅する。
学校付近まで登校してきた生徒は登校してもよい。
その後、学校の指示に従う。
すでに登校している生徒は、学校の指示に従う。
予知情報を知りえた時点でただちに帰宅する。
学校付近まで登校してきた生徒は登校してもよい。
その後、学校の指示に従う。
すでに登校している生徒は、学校の指示に従う。
在校時 学校の指示によって下校する。
ただし、遠距離通学者や危険区域からの通学者については、学校への残留を申し出る。
学校の指示によって下校する。
ただし、地震発生が確実視される場合はグラウンド等に避難する。